無料
エロ
動画

寝取られ人妻系コンテンツ情報

寝取られ属性の動画、本、アニメ、小説、サイト、ニュースと寝取られ情報です

ブログ引っ越しのお知らせ

この度、DTIブログサービス終了に伴い、当ブログも削除されることとなります。
つきましては、FC2の方へ引っ越すことになりました。
今後は、下記URLをブックマーク等に登録いただけるようお願いいたします。

新URL http://ntrtuma.blog.fc2.com/

パソコンでアクセスいただいた方は自動的に上記アドレスに飛ぶようにしてあります。
このブログそのものが12月17日で終了になりますので、お気を付けください。
DTIブログでの寝取られ人妻系コンテンツ情報をありがとうございました。
新しい、FC2での寝取られ人妻系コンテンツ情報もよろしくお願いいたします。


  1. 2013/12/09(月) |
  2. 寝取られ系トピック|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

不倫相手にSM画像をネット投稿された人妻

 大阪府警生活経済課の男性警部(56)=休職中=がわいせつ画像を携帯サイトに投稿したとされる問題で、府警は8日、不倫相手とのSM行為を撮影した画像を掲載し、麻薬成分を含む植物片を所持したとして、この警部を停職6カ月の懲戒処分とした。警部は同日、わいせつ電磁的記録媒体陳列と麻薬取締法違反の疑いで奈良県警に書類送検され、依願退職した。


 送検容疑は、3月と7月、わいせつ画像を自ら開設した携帯サイトに掲載し、8月に麻薬指定された「α−PVP」の成分が微量に含まれた植物片を車の中に所持した疑い。
 府警監察室によると、警部は1月、出会い系サイトを通じて共通のSM趣味の40代女性と知り合い交際。女性に頼まれ、仲間集めのために行為の様子を撮影してサイトに掲載した。植物片も女性の依頼でネットで購入したが、自分は使用していなかった。警部は県警に「合法ドラッグと認識していたが、考えが甘かった」などと供述したという。
  1. 2013/11/24(日) |
  2. 寝取られ系トピック|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

妻に浮気され離婚した男の復讐とは

 愛していた人に浮気や不倫をされるのは辛い。そのときの怒りや悔しさといったら、表現できないほどのものだろう。だが、なかには自らの感情をはっきりとした形で表現する人もいる。

  妻の不倫が原因で離婚したという、アメリカ人のアラン・マルコヴィッツさんもそのひとりだ。妻に裏切られた憤りを表現すべく彼がとった行動は、「復讐の銅像」を建てること。マルコヴィッツさんの怒りが全力で伝わってくるその形状が、いま海外で大きな話題を呼んでいるのだ。

・自分の知り合いと妻が不倫したため離婚
ミシガン州で3つのストリップ・クラブを経営するマルコヴィッツさんは、2年間連れ添った妻と離婚したばかり。離婚の原因は妻の不倫だった。しかも、不倫相手の男性はマルコヴィッツさんの知り合いだという。

・別れた妻の「お隣さん」になる
離婚後、元妻は不倫相手の男性と一緒に住み始めたそうだ。それは、すぐにマルコヴィッツさんの知るところとなり、不倫に対する怒りがおさまっていなかった彼は、なんと元妻が住む家の隣に引っ越したそうだ。

・「復讐の銅像」建立
新居に引っ越した彼は、さっそく自らの怒りを形にした銅像をバルコニーに建てた。中指だけが立てられた手の銅像だ。その向きは、元妻の家の方向にピタリと定められている。そう! 彼がわざわざ引っ越したのは、元妻の家の中からでも銅像がよく見えるようにするため。ストーカー行為などではなく、ただこの銅像を見せるための引っ越しだったのである。

・銅像は不倫相手の男性に向けられたものだった
さすがにこの銅像は人目を引き、すぐにネット上で拡散されて地元メディアなどにも取り上げられた。だが、当のマルコヴィッツさんは、自らの行動がここまで大きな話題になるとは思っていなかったという。

  「元妻にはもう何の感情も持っていません。私はただあの男が許せないだけなのです。こんなことをするなんてあいつは本物の男ではありません」と、彼は語っている。どうやら元妻ではなく、不倫相手の男性に向けられた銅像だったようだ。

・ネットユーザーたちからは賛否両論
銅像の写真を見たネットユーザーたちからは、「これは笑える!」や「“本物の男”はこんな幼稚なことはしない」など様々な意見が寄せられている。自らの気持ちを包み隠さず表現したマルコヴィッツさんの行動を、みなさんはどのように感じただろうか。


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1120&f=column_1120_056.shtml
  1. 2013/11/22(金) |
  2. 寝取られ系トピック|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

妻の不倫現場に出くわした男

 大阪府警豊中南署は10月25日、同府豊中市のラブホテル駐車場で、妻と不倫相手の男性を包丁で切り付け重軽傷を負わせたとして、夫の塗装工の男(45=同市利倉西)を、殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は、同日午前10時15分頃、同市名神口3丁目のラブホテル駐車場で、ホテルの中から出てきた妻(44)と建設業の男性(44)を、持っていた包丁で切り付けて、ケガを負わせた疑いがある。

 同署によると、同ラブホテルの従業員から、「男が刃物を持って暴れている」と110番通報があった。

 同署員が駆け付けたところ、出入り口で男性が背中を刺され、顔など4カ所を切られていた。男性は病院に運ばれ重傷だが、命に別条はないという。一緒にいた女性(妻)も、制止しようとして左手甲を切り付けられ軽傷を負った。

 約15分後、現場から約400メートル離れた路上で、同署員がケガを負った女性の夫を発見し、身柄を確保した。

 男は「不倫に腹が立ってやった」と供述し、容疑を認めている。

 男の妻と、刺された男性の妻が知り合いで、男性の妻から、「2人が不倫していてホテルにいる」と教えられた男が、被害男性の妻と一緒にラブホテル駐車場で待機。男は出てきた2人と口論となり、男が隠し持っていた刃渡り約17センチの包丁で、2人にケガを負わせた。

http://npn.co.jp/article/detail/93107384/
  1. 2013/11/08(金) |
  2. 寝取られ系トピック|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

妻の浮気を発見した男は

満員電車に体を押し込み、愛する家族のためせっせと働くまじめな夫。その裏で妻は間男と逢瀬を重ねていた――。

パートナーに不倫された経験のある既婚男性100名を対象に浮気・不倫についてのアンケート調査が行われました。

きっかけはやはり携帯電話 調査によると、7割の男性が1か月以上たってから妻の浮気に気づいたという結果。なかでも6か月と答えたのが25%と多く、1年以上たって気づいたという人も13%いました。

浮気、不倫を疑うきっかけのトップは、やはり携帯電話(51%)。発着信やメールの履歴などに不審な点を見つけたのか、個人情報のかたまりである携帯電話から妻の浮気を感じ取ったようです。また外出・外泊を抑えて、2位には雰囲気(21%)がランクイン。長年連れ添った妻の異変をどことなく感づいたのかもしれません。

そうした違和感、不信感を実際に妻にぶつけるとどうなったのでしょう。直接、話した時の妻の反応の第1位は「認めた/謝罪」(46%)。「ふふん、私は上手くやり通せているわ」と思っていても、いざ追求を受けてしまうとおよそ半数の人が認めざるを得なかったようです。ただ、「認めない/開き直り」(29%)、「とぼける/ごまかす/泣く」(17%)と修羅場を迎えても何とか乗り切ろうとした人も少なくないようです。

発覚後、夫婦の愛情が深まったのはなぜ? さて妻の浮気が発覚して、夫婦の関係はどうなったのでしょうか。

調査によると、「悪くなった」(49%)が最多ながら、「変わらない」(41%)が意外な健闘。さらには「前より良くなった」(10%)という回答も寄せられました。

追求した際、妻がすぐに認めて謝罪したケースのうち、24%が「夫婦関係が前より良くなった」としています。なかには「愛情が深まった」とする夫もいたようです。

どうやら罪を犯してしまったとしても、自らの非を認めて真摯に謝ることが関係修復の近道なのかもしれません。

http://news.ameba.jp/20131009-435/

--------------------------------------------------

妻の浮気を発見したときってどんな気持ちになるのでしょうね。
  1. 2013/10/15(火) |
  2. 寝取られ系トピック|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

家で妻がレイプされてると通報した結果

中国南部、広東省中山市で2日夜10時半ごろ、帰宅した男性が「妻が自宅でレイプされている」と通報したところ、実は妻が浮気相手を連れ込んでいたことが発覚するという、悲しい事件があった。南方都市報が5日伝えた。

通報で駆け付けた警察関係者が現場の賃貸住宅に駆けつけて、男1人を拘束。この男が「レイプではなく浮気だ」と話したため、男性の妻もこれを認めた。

男性の妻と男は元同僚で、最近再会し、不倫関係になったという。男性と妻の関係は良好ではなかった。

警察関係者は3人を派出所に移動させて事情を聴いた後、あるべき姿を指導し、帰宅させた。


http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/358827/

--------------------------------------------------------------------------

  1. 2013/09/10(火) |
  2. 寝取られ系トピック|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

離婚同居中に元妻妊娠で発覚。5人中3人が他人の子

自分の分身だと思っていた我が子が、実は自分の子でなかったら・・・。これほどショックなことはないに違いない。台南市で塾講師をしている男性は、12年前に結婚し、7年間に5人の女の子が生まれた。しかしその後、感情のすれ違いで4年前に離婚。それからは離婚同居の状態が続いていた。ところが、元妻がまさかの妊娠。疑念を抱いた男性がDNA鑑定を行ったところ、5人の娘のうち自分の子は次女と三女だけであることが判った。

男性の話によれば、現在39歳の男性と35歳の元妻は12年前、妊娠をきっかけに結婚した。離婚してからは、こどもたちを悲しませないようにと、平日は台南市の宿舎で過ごすものの、週末は台南県の家でこどもたちの相手をするようにしていたという。しかし、元妻とは離婚後ずっと寝室を共にすることはなかった。にもかかわらず、今年5月、元妻が6人目の子を妊娠。男性が尋ねると元妻は「あなたの子だ」と答えたという。

近所の住民の話では、3ヶ月前、2人は「こどもが誰の子か」で言い争い、警察沙汰になった。その後、男性は次女と三女だけを連れて出て行ったが、元妻は依然「こどもはみんな夫の子」だと言い張っているという。

男性は元妻を結婚詐欺罪と通姦罪で訴えたが、既に時効が過ぎているため検察は元妻を不起訴処分としている。
  1. 2013/06/18(火) |
  2. 寝取られ系トピック|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

産後ヘルパーを装い不倫相手の家で働き妊娠した女

『自由時報』が報じたところでは、女は中国広東省出身の36歳。12年前に台湾人と結婚し台湾で暮らすようになったが、6年前に夫の家庭内暴力が原因で離婚。その後は台湾中部のレストランで働き、生計を立てていた。しかし2年前、台湾北部に住むこの妻帯者である男と交際を始め、男の自宅から少し離れた町に引っ越した。男は毎月1万元(約3万3000円)の生活費を渡していたという。

2011年1月、男の妻が出産を終え坐月子期間に入ると、男は産後ケアのヘルパーを探すふりをして不倫相手の女を妻に紹介。何も知らない妻は承諾し、その後、女は約1か月間ヘルパーとして男の家に出入りしていた。

ところが同年12月、今度はこの女が出産。その頃から夫の言動に不信感を抱き始めた妻は、しばらくして夫が浮気をしていることに気付いた。すると男は女を遠ざけるようになり、連絡も取らなくなった。産まれたばかりのこどもを抱え、貯金も底をついた女は2012年2月、こどもを交番の机の上に置き去りにして自殺を決意。引きとめた警官に事情を話し、事が明るみに出た。

妻はこの女を相手に賠償請求を起こし、被告となった女は裁判のなかで、「妻子がいると知ったのは奥さんが出産してからで、坐月子を手伝ってほしいと言われ罪滅ぼしのつもりだった。その後別れようと思ったが自分も妊娠していることがわかり、産んで欲しいと言われたから産んだ」と述べ、自分も被害者であると主張したという。しかし裁判長は被告が早い段階で男が既婚者であることに気付いていたと判断し、50万元(約170万円)の慰謝料の支払いを命じた。


http://news.mynavi.jp/news/2013/05/10/247/index.html
  1. 2013/06/16(日) |
  2. 寝取られ系トピック|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
  
close